本日は「11月の大人の神山塾」でした。実は「お受験の山」について話しきれませんでした。

 

本日、「大人の神山塾」
ご受講いただいた皆さま
誠にありがとうございました

 

2時間という枠では収まらなくて
実は、話しきれなかったことが
「お受験の山」という内容です

 

 

お受験の山

 

靴がスムーズに履けますか
靴がスムーズに脱げますか
脱いだ靴をきちんと揃えられますか

 

こういったことが
国立小受験では必要だったりします

 

なので年少さんや年中さんの時期は
基本的所作を毎日ちょっとでいいので行います

 

すると、無理なく楽に
受験に必要な力がつきます 

 

「こんなこと、あとからでいいよ」
「それより先にペーパー」って
皆さんは思うかもしれません

 

でも、それってちょっと
違うんです

 

簡単なことをおざなりにして
「塵も積もれば的」にため込んでしまうと
本番直前期に、やるべきことが
増えすぎてしまいます

 

直前期に、“あれもやらなきゃ”
“これもやっておかなきゃ”の状態
になってしまっては

 

本来やるべき
ペーパーのまとめ学習どころでは
なくなってしまいます

 

これらの理由から
“こんなこと、あとからできる”
考え方には、よくよく気を付けます

 

年少さんや、年中さんの時期には
実はペーパー以外にやるべきことが
山ほどあります

 

ですが、山は山でも、お受験の山は
突貫工事のように
1か月や2か月で
作ろうとしない方がいいです

 

今から無理なく
小さな山から、大きな山へと
作り上げていきましょう