本番でうまくいく子

 

励ましの言葉:注意の言葉=8:2
これが本番でうまくいく『黄金比率』

 

本番でうまくいく子は
心の中から“がんばるそぉ!”
の声が聞こえてきます

 

本番でうまくいく子は
心の中から“それはやらないよ!”
の声が聞こえてきます

 

本番でうまくいく子は
心の中から“あきらめないぞぉ!”
の声が聞こえてきます

 

本番でうまくいく子は
心の中から“挨拶は元気よくね!”
の声が聞こえてきます

 

だから、たとえ

□試験官と話をするときにドキドキしても

□ペーパーで隣が見たくなっても

□おふざけをしたくなっても

□廊下を走りたくなっても

□知らないお友達とグループになっても

 

いつもいつも
心の声が正しいことを教えてくれます
それを一生懸命実行にうつします

 

本番はひとりきり
お母さまもお父さまも神山も
誰一人としてついてあげることはできません

 

心の声に従うしかないのです
皆さんのお子さまは心の声を
聞き取ることができますか?

 

聞き取れるようにして
本番でうまくいく子に
したければ

 

声掛けの比率を
「励ましの言葉:注意の言葉=8:2」
の黄金比率にしてみましょう!!

 

励ましばかりではだめです
注意ばかりでもやっぱりだめ
声掛けはバランスが肝心です

 

「励ましの言葉:注意の言葉=2:8」だと
”お母さんがいないとダメなんだよぉ!!”
“神山がいないとわからなくなっちゃうよぉ!!”になってしまいますね

 

本番はひとり
だからこそ
自分で考えて自分で判断して
自分で自分を励まします!!

 

そのためには
励ましは80%
注意は20%
そのくらいにするといいですよ!!

 

 

感謝の意を込めまして 神山眞