本番の同じグループ内に同じ幼稚園のお友だちがいます。どうしたらよいですか?

 

国立小受験 本番間近の「Q&A」 

 

Q:「本番の同じグループ内に同じ幼稚園のお友だちがいます。どうしたらよいですか?」

 

 国立小学校受験は、地域が限定されている分、会場内に知っている子を見つける確率が高くなります。

 

同じ「幼稚園」のお友だち
同じ「習い事」のお友だち
同じ「教室」のお友だち

 

教室が分かれていても、廊下で会ったり、集合場所や解散場所で出会うこともあります。

 

知っているお友だちがいたから
→指示がでている最中にお話をしてしまい、指示が聞き取れなくなってしまった

 

仲良しのお友だちがいたから
→待機時間中におふざけをしてしまった

 

これらは絶対に避けたいですね。

 

だからこそ
皆さまのお子さまには、折を見て、話しておかなければいけないことがあります。

 

それは

「知っているお友だちがいても、その日はお話してはいけませんよ。先生のお話をしっかりと聞くためですからね。知っているお友だちがいてもご挨拶だけにしましょうね」

 

これを、試験日当日だけ言われても、なかなか実行できるものではありません。

 

なので、普段から繰り返し、折をみて言いましょう。

 

最も効果的な言うべき瞬間は?
→これからの「講習会が始まる前」と「模擬試験が始まる前」です。

 

知っているお友だちがいても挨拶だけ

更に、知らないお友だちに話しかけられても、「ごめんね」とお断りをする

 

どちらも、とてもとても大切なことですね。

 

 

 

このような、「○○の時はどうしたらいい?」に、ズバリ答えるのが筑波小合格勉強会!!

 

■:「筑波小合格勉強会」

【場所】東京芸術劇場
【日時】10月22日(月)10時~11時45分
【内容】藤田先生のお話と神山の話
【受講費】2,000円
【受付】ちきゅうまるブログの「お問い合わせ・お申込みフォーム」よりお願い致します。「筑波小合格勉強会希望」と明記の上、「お名前」もご記入願います。