模擬試験の効果的活用法

カレンダー

上半期を終えて

 

上半期を終えて、

 

もしも、お悩みの方がいましたら、目を通してください。

 

もしも、苦しみの中で、もがいている方がいましたら、必ずお読みください。

 

 

<模擬テストの有効活用>

 

上半期が終わりました。

 

皆さま、どうですか?

目的通りに進んでいますか?

 

「目的通りではないな…」

「改善しなければ…」

 

そう思っている方に、下半期、盛り返すための方法をお知らせします。

 

模擬テストを受けた方に限定されてしまいますが、かなり有効かつ強力な方法ですので、

お試しください。

 

やり方は簡単です。

 

必ず、「うまくいったことと、良かったこと」と「うまくいかなかったこと、良くなかったこと」の二つに分けて行ってください。

 

 

<うまくいかなかったこと>

 

以下の5つを順番通りに行ってください。

 

1.皆さまが、予想していた点数を紙に書きだします。

(或いは、このくらいの点数を取ってきてほしかったなと思う点数)

 

2.今回の模試で取れた実際の点数を紙にかきだします。

 

3.1と2の差を出します。

 

4.達していない点数1点につき、1個原因をあげます。

(何でもいいです。どんなことでもいいです。“これがいけなかったかなぁ”と思うことがあったら、思いついたことから順番に書きだしてください)

 

5.今度は、原因1個につき、対策を1個挙げてください。

 

原因がわかったら、いっぺんに解決しようとしてはいけません。

 

一つ一つ、ゆっくりと順番に解決していきます。

 

 

<やめることを一つ決める>

 

解決していく中で、最も大切なこと

 

それは、

 

改善したいことの1番目に関しては、「変える」よりも「やめる」にすることです。

 

2番目以降は、

 

「徐々に変えていこう」

 

「繰り返し言い続けていこう」

 

でいいです。

 

 

「これは、誰が見ても悪癖である」

 

「この時間は、実は必要ないのでは?無駄なのでは?」

 

「これこそが、改善点の一番目だ」

 

という具合にやめるべき課題を探すことです。

 

 

「やめる!」

 

「やめなきゃ!!」

 

「やめよう!」

 

と決意することが大切です。

 

 

たとえば、

 

「指示を出す人を見ていなかったのか…。靴を触っていたようだなぁ…」

 

「見ることができるようになってほしいな」

 

「よし、これを、今回の一番のポイントにしよう」

 

と決めたら、

 

 

このことだけは、以下のようにきちんと伝えます。

 

「先生が前に立っているのに見ていない。 これは、いけません。もうやめます。今日で“見ない”、“見ていない”、“見ません”はやめます。はい、今、お母さんの前で、“見ない”、“見ていない”、“見ません”と、“さようなら”をしてみましょう。上手にできましたね。もう、今日から、先生が前に立ったらしっかりと見ることができますよ。必ずできます。応援しているよ!!頑張ってね」

 

悪い習慣を一つ減らすだけで、劇的に変わるお子さまも多数います。

どうかお試しください。

 

 

<うまくいったこと>

 

ここはたったの一つです。

 

「思いつくままに、どんどん箇条書きにしてください」

 

これだけです。

 

 

そして、うまくいったことを、お子さまにしっかりと伝えてください。

 

ここが大切です。

認識させてあげるのです。

 

小さなことでも、

 

「うまくいったこと」

 

「素敵だなと思ったこと」

 

「よく頑張ったこと」

 

これらは、しっかりと言葉で伝えます。

 

 

意外とできていないことが多いです。

 

かく言う、私もそうですが…。

 

 

<言葉で伝えましょう>

 

失敗したことやうまくいかなかったことは、

 

ちゃんと伝えてあげないとわからないはずだ

→言葉で伝えよう

 

となります。

 

 

しかし、

 

うまくいったことや素敵だったことは、

 

言わなくてもわかるだろう

→だってうまくいった本人が自覚しているはずだから

 

となります。

 

 

意外と、言葉で伝えていません。

言葉で伝えましょう。

 

特に頑張ったことに対しては、

よくよく言葉で伝えてあげることを忘れないようにしましょう。

 

 

<伝えるときのコツ>

 

大げさにほめるもいいのです。

 

ですが、淡々と、ポツリポツリと、そしてぼそぼそと、小さな声で伝えることも大切です。

 

伝えることを、続けることで、皆さんのお子さまは、自信をつけていきます。

 

自信がつくことは、イコール、長所が伸展することでもあります。

 

短所には、長所の伸展につられて、自然になおってしまうという一面があります。

 

長所の進展、普段の生活で、意識してみることをお勧めします。

 

 

感謝の意を込めまして       神山眞