皆さんは、「ハンター」ですか?それとも、「ファーマー」ですか?

 

ハンターorファーマー 

「幼児の教育に適しているのは、どっち?」

 

ハンター(狩猟型)は、「今日の収穫」に焦点を当てて、指導をします。

なので、「その日のうち」に、理解させようとします。

理解できなかった時は、子どもに対しては、「どうして?」の感を募らせ、自分自身に対しては、「ふがいなさ」を感じたりしてしまいます。

 

 

ファーマー(農耕型)は、「将来の収穫」に焦点を当てて、指導をします。

なので、「その日」は、「始まりの日である」と自覚しています。

理解できても、出来なくても、「興味の種」や「好奇心の種」を蒔いたこと自体に、満足感を感じます。

 

 

皆さんの、お子さまに対する「指導の仕方」は、「ハンター型」ですか?

それとも、「ファーマー型」ですか?

 

 

そして、皆さんは、どちらを目指すべきだと考えますか?

 

 

皆さんが、今できるようになったことも、本をただせば、出来なかったことばかりだったはずです。

でも、今は、そのほとんどができるようになっているのではないでしょうか?

 

そうなのです。

興味や好奇心を失わずに、続けていけば、大抵のことは、出来るようになります。

 

そう考えると、幼児に対する指導は、「〇〇型」が、ふさわしいと言えそうですね!!

(※さて、皆さんは、「〇〇」に、何を当てはめましたか?)