目指せ!国立小合格!! 「でも…ケアレスミスが多くて困っています」

 

ケアレスミスが多くて困っています→本日の解決策「理解を深める」

 

「赤のクーピーでかいてください」なのに、
「青のクーピー」になってしまったり

 

「違うところに○をつけましょう」なのに、
「×」をつけてしまったり

 

「8つ○を書くべきとき」なのに、
「7つ」しか書いてなかったり

 

「ケアレスミスが、なかなか減らなくて…」そんなお悩みをお持ちの、お父さま、お母さま、多いのではないでしょうか?

 

わたしの経験則から、皆さまに、「3つの解決策」を提示させていただきます

 

そのうちのひとつを、本日は提示させていただきます

 

【本日の解決策「理解を深める」】

 

ケアレスミスの原因は、「不注意さ」や「おっちょこちょいさ」が、「原因である」と捉えられることが多いです

 

クーピーの色一つとっても

□クーピーの色にまで、気がまわらない

□クーピーの色にまで、注意が至らない

□クーピーの色を覚える、余裕がない

ということになります

 

ですが、

□なぜ、気がまわらないのでしょうか?

□なぜ、注意が至らないのでしょうか?

□なぜ、余裕が持てないのでしょうか?

 

結論から言います
「理解」が、まだ浅いからです

 

理解が浅いので、設問を聞いているとき、頭の中は、「あれ?!」、「うーんと?」、「確かこれって…」、「なんだっけなぁ…」といった、「正解という名の太陽」を覆い隠すかのような、たくさんの「雲」に覆われてしまっているのです

 

「設問の理解」に費やすことで、精いっぱいなので、「クーピーの色」や、「○でかくべきか、×でかくべきか」まで、頭が回らなくなってしまいます

 

よって、理解が浅いが故の、「ケアレスミス解決法」は、たったの一つです

「説明できるレベルまで、理解力をアップさせる」です

 

そのために、

□ある程度の時間をかけてあげること

□ある程度の量をこなすこと

□ある程度、待ってあげること

以上3つが必要になります

 

ケアレスミスに対して、「注意力不足」を指摘することで、「ケアレスミス」がなくなれば、何も問題はありません
それは、本当に「注意力不足」だったのでしょう

 

ですが、「注意力不足」を指摘しても、繰り返すようであれば、それは「ケアレスミス」なんかではなく原因はもっと根深いものなのかもしれません

 

ケアレスミスと言っても、様々な原因があります

 

本日は、「理解を深めることで、ケアレスミスを減らす」について、お話させていただきました

 

次回の「解決策」は、「事前準備をしていますか?」です

 

乞うご期待!!