筑波小合格「今この時期に行うべきペーパー学習“7つの法則”」

 

“筑波のペーパーは難しいから”といって諦めない

 

筑波の図形課題は
確かに「量」も多いし、「設問自体」も理解が難しいです
ですが、絶対にあきらめません

 

今日の結果が、仮に満足のいく結果ではなかったら、もう一度、再スタートするつもりで頑張ります

 

すると、必ず合格の可能性がでてきます

 

まずは、以下の“7つの法則”に則って学習を進めてみましょう

 

■1:「お話の内容理解」を毎日行う

■2:過去問を繰り返し行う。
(問題集は、1社のものだけではなく、2社、3社と行うことをお勧めします)

■3:講習会等で手に入れた「筑波向きの問題」を繰り返し行う。

■4:「位置の対応」、「点図形」、「季節」を毎日、少しずつでもいいから行う

■5:「回転図形」、「重ね図形」、「線対称」、「重ね点図形」、「回転位置移動」、「選択抹消」、「図形構成」以上7分野を「こぐま会 単元別 ひとりでとっくん」で行う

■6:上記7分野の他に、余裕があれば、「同図形発見」、「図形系列」、「ゲームブック」も行う

■7:作業能力系課題を使ってスピード力を養成する

 

抽選日が間近に迫ってきました
皆さまに、“良きご縁がありますように”
毎日、強く願っています