聴覚的記憶力をアップする「とても大事な本当の話」

 

頻度回数に秘訣あり!!

 

聴覚的記憶力をアップする方法は、たくさんあります。それらのほとんどが正しく、しかも効果的です

 

ですが、正しく効果的な方法が、こんなにたくさんあるのに、理想的な聴覚的記憶力を持ち合わせたお子さま”はごくわずかしかいません

 

なぜでしょうか?
答えは簡単です

 

どんなに効果的な方法も、やったりやらなかったりでは、その効果が限定的になってしまうからです

 

正しい方法は
毎日行う方法です

 

正しい方法は、正しいと思った方法”を、ある一定期間、毎日毎日、ほんの少しの時間でいいので続ける方法です

 

例えば、小学校受験ですでに出題されている、“順番通りに言う方法” なんかは、本当はかなり効果的なのです

 

やり方は実に簡単

【母】「リンゴ→まな板→タクシー→おまんじゅう」はい、言ったとおりの順番で行ってみて!
【子】 はい!「リンゴ→まな板→タクシー→おまんじゅう」
たったのこれだけ!!たったの20秒を毎日続けます。

 

“順番通りに言う方法”の次は
“反対から言う方法”です

 

これまた簡単

【母】「パジャマ→新幹線→パプリカ」はい、今度は反対の順番で言ってみて!
【子】はい!「パプリカ→新幹線→パジャマ」
やっぱりこれだけ!!20秒を毎日!!

 

どうですか!?うまくいっていないことのほとんどは、頻度の低さからきていることが多いのです

 

 

幼児期の脳は
おそらくではありますが
刺激の頻度回数に反応しています

 

だとしたら、ほとんどの習い事、ほとんどの学科、ほとんどの運動、ほとんどの何かを得意にする秘訣は、頻度を高めることにあるのかもしれませんね!!

 

 

感謝の意を込めまして 神山眞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です