自信をつける

自信をつける

 

我が子に、自信を持ってもらいたい

そう願うのなら

毎日やるべき「お手伝い」を、一つ決めて
それを、毎日の習慣にしましょう

 

 

同じことを
同じ時間に
同じようなやり方で
毎日行います

 

 

「毎日」と「続ける」が、キーワード

 

 

なので、やるべきお手伝いを決める際には

 

□わずかな時間でできること
□複雑な作業ではない事
□毎日続けられそうなこと

 

これら、3つの条件を判断材料にすることが大切です。

 

 

3日続いたなら
1週間続いたなら
10日続いたなら
1ヶ月続いたなら

 

 

その度ごとに
続けられていることを
大いに評価してあげてください

 

「今日もやれたんだ!!」
「助かるなぁ!!」
「毎日続けられるって、なかなかできることじゃないよ!!」
「いつから始めたんだっけ?えー!凄い!こんなに続いているんだ!」
「最初は、こんなに続けられるなんて思わなかったよ!びっくりしたなぁ!!」

 

 

お父さま、お母さまの
感嘆、称賛の声によって

 

皆さまのお子さまは、

 

□続けることの大切さや価値を知ることができます

□続けていく中で、工夫することをおぼえます

□継続する力を身につけます

□何よりも、「続けている自分ってすごい!!」と思えるようになります

 

 

毎日毎日、
小さな「できた」と
小さな「やれた」を繰り返す

 

 

この「小さな自信を積み上げる」作業の繰り返しこそが、やがて、その人の人格の一部となります

 

 

「自信を持ちなさい!!」
そう言われて、自信を持つ人は稀です

 

 

対して続けることで、お父さまお母さまからの、称賛や感嘆の声を浴び、小さな自信を積み上げる方法は、かなり有効です。

 

 

夏休みにやるべきお手伝いを決めましょう!!
成長すること、自信を持つこと
どちらも、間違いなしです!!

 

 

 

感謝の意を込めまして  神山眞