行動観察を『講習会』だけで学んでもうまくいかないわけ

 

形だけの“コミュニケーション能力”になってしまうのは”もったいない”ですね!!

 

近年の国立小受験においては

□共感できる子
□同意できる子
□協調できる子

が求められています

 

それらを「行動観察講座」で、我が子に身につけさせようとする保護者様がとても多いです

 

ですが、行動観察講座で身につける前に、徹底的に「我が子が関心を持っているものや好きなことに対して、お父さまもお母さまも興味を持ち、一緒に向き合う必要」があります

 

幼児期の子どもたちは、自分の興味関心のあることに関して

□お母さんに徹底的に興味を持ってもらい
□お父さんに徹底的に関心を寄せてもらい続け
□お父さんとお母さんと心行くまで行動を共にすることで

はじめて、『共感&同意&協調性』を知ることになります

 

それらを体感する前に、行動観察講座で「形」だけ、教わったとしても、それでは“仏像作って魂入れず” になってしまいますね!!

 

いま、皆さまのお子さまは

□何に興味を持っていますか?
□もっとも関心のあるものは何ですか?

それらを知り、そのことに、体全体で、心の全てを投げ出して、入り込んでみましょう!!

 

 

感謝の意を込めまして 神山眞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です