試験会場に知っているお友だちがいたら!! 

【知っているお友達がいても】

 

国立小学校受験は、地域が限定されている分、会場内に知っている子を見つける確率が高くなります。

 

同じ「幼稚園」のお友だち
同じ「習い事」のお友だち
同じ「教室」のお友だち

 

教室が分かれていても、廊下で会ったり、集合場所や解散場所で出会うこともあります。

 

 

 

□知っているお友だちがいたから

指示がでている最中にお話をしてしまい、指示が聞き取れなくなってしまった

 

□仲良しのお友だちがいたから

待機時間中におふざけをしてしまった

 

これらは絶対に避けたいですね。

 

 

だからこそ
皆さまのお子さまには、折を見て、話しておかなければいけないことがあります。

 

それは


「知っているお友だちがいても、その日はお話してはいけませんよ。先生のお話をしっかりと聞くためですからね。知っているお友だちがいてもご挨拶だけにしましょうね」

 

これは、試験日当日だけ言われても、なかなか実行できるものではありません。
普段から繰り返し、折を見て言う必要があります。

 

 

知っているお友だちがいても挨拶だけ

知らないお友だちに話しかけられても
「ごめんね」のお断り

 

 

とてもとても大切なことですね!!

 

 

 

 

感謝の意を込めまして   神山眞