課題を知る

受験の際の課題を知る

 

皆さんの住んでいる場所で、受けられる国立小学校が決まったなら、次は、その学校の受験課題が、「何であるのか」を調べましょう。

 

 

高校受験なら、数学があって、国語があって、英語もあってといった具合に、だいたいの想像がつきます。

でも、国立小学校受験となると…

ちょっと、わかりづらいですね。

 

 

大手書店の「お受験コーナー」に行くと、所狭しと、「合格のための問題集」が並んでいます。

また、「お受験」のドラマを見ると、問題集を使った学習のシーンが登場します。

なので、「お受験=ペーパー学習」のようにとらえてしまう人が多いようです。

 

 

しかし、小学校受験の「合否」は、ペーパー課題だけでは決まりません。

特に国立小学校の場合は、ペーパー課題だけで決まることは、「ない」と言い切ってもよいくらいです。

 

 

それでは、「国立小学校合格」は、何によって、どのような課題によって決まるのでしょうか?

 

 

分かりやすく説明するために、まずは、試験の形態を、大きく二つに分けます。

「ペーパー課題がある学校」と「ペーパー課題のない学校」の二つです。

 

 

(A)ペーパー課題のある学校

 

ペーパー、製作、口頭試問、運動、行動観察の5課題を子どもたちは、こなします。

もちろん、学校によっては、運動がない学校もありますし、製作のない学校なんかもあります。

 

東京で、このスタイルに該当する学校は、以下の4校です。

 

□筑波大学附属小学校

□東京学芸大学附属世田谷小学校

□東京学芸大学附属大泉小学校

□東京学芸大学附属小金井小学校

 

 

(B)ペーパー課題のない学校

 

ペーパー課題がありません。

行動観察、口頭試問、製作、運動などによって、「合否」が決まります。

ただし、ペーパー課題がなくても、ペーパー学習をしていないと、合格に到達するのは難しいかもしれません。

 

東京で、このスタイルに該当する学校は、以下の2校です。

 

お茶の水女子大附属小

行動観察、製作、口頭試問(個別テスト)の3つが、近年における試験時の課題となっています。

 

□東京学芸大学附属竹早小学校

行動観察、口頭試問、親子課題の3つです。

 

 

ここまでのお話は、あくまでも、子どもたちにとっての課題です。

でも、実は、国立小の試験には、保護者の皆さまの力が必要とされる課題もあるんです。

ご存知でしたか?

 

そんな、「保護者力が必要な課題」に関しては、また明日お話します。

 

 

 

 

-お知らせ-

 

本日、「オールインワン180ステップ1」に関する、メールの返信を行いました。

たくさんのご応募、ただただうれしく、そして、身が引き締まる思いです。

皆さまの期待を遥かに超える講習会を行います。

 

そして、そのお子さまだけが持つ、「宝物」を見つけだし、お父さまやお母さまに、報告します。

まだ、お母さまやお父さまが見たことのない宝物を見つけ出します。

 

ただし、やはり、どうしても、キャンセル待ちの方が出てしまいます。

本当に心苦しい思いです。

 

さらに、工夫を重ねて、一人でも多くのお子さまと、一緒にお勉強ができるように頑張ります。

 

現在、キャンセル待ちになってしまっている皆さま、本当に申し訳ございません。

 

 

 

感謝の意を込めまして  神山眞

 

 

 

 

 

本日の授業で、「桜吹雪」のお話をしてくれたお子さまがいました。

「よく知っていますね!!」と驚きの声をあげたら、

「お母さんに教えてもらいました」と嬉しそうに話してくれました。

 

歩いている時に、景色の素晴らしさや、季節の移り変わりを、余裕をもって話せるお母さまって素敵だなと感じました。

 

 

「いそげ!!」

「遅れる!!」

「早くしなさいよ!!」

「次の場所へは、最短距離の最小時間で!!」

 

こんな慌ただし気な光景も、それはそれで、何とも味わい深いですが、

幼児期のお子さまと、一緒に時を過ごせるのは、長いようで短いものです。

 

だからこそ、一日一日を、大切に、慈しむように過ごしたいですね!!

 

お子さまから、お父さまから、お母さまから、学ばせていただくことの多い毎日です。