頑張ったら、時々、“休んだり、緩んだり”した方が良い理由

 

逃げたり、休んだり、降りたり、緩んだり

 

いつもノルマがあったり
いつも目標に向かっていたり
いつもきちんとしていたり
いつも期待に応えようとしたり

 

大人も子どもも、いつも
「やればできる!」と言われるので
いつも「頑張らねば」なんて気持ちになっていたりします

 

頑張ることは
必要だし
大事だし
素晴らしいことではあります

 

ですが
もしも、少しだけ
そんな生活に疲れを感じたのなら

 

ときどき、
ほんの少しだけ

「降りたり」
「逃げたり」
「休んだり」
「緩んだり」

することをお勧めします

 

いつも「100%」以上のパフォーマンスを発揮しようとし過ぎると
人間の「心と体」はオーバーワーク状態になります

 

オーバーワーク状態のまま、それでも活動を続けると、
プチっと大切な何かが切れてしまうことすらあります

 

すると
本当に「100%」の力を発揮しなければならない時に
気力が充実しなくて
身体がシャンとしなくて

「うまくいかなかった」
「今一つの結果になってしまった」
なんてことになります

 

適度に休みを入れて
ときどき逃げたり
うまいこと降りたりして

 

本当に必要な時に、「100%」のパフォーマンスを発揮できるようにしましょう

 

今日の話は、
ときどき逃げましょう
降りましょう、休みましょう、緩めましょう
という話でした

 

大人は、自分の判断でこれらの選択ができます
しかし、子どもには自分で判断するだけの力が備わっていなかったり、判断することが状況的に許されない場合もあります

 

だからこそ、親である私たちは、
子どもの表情や言動をよくよく見て

休ませてあげたり
降ろしてあげたり
逃がしてあげたり
敢えて緩ませてあげる

なんてことを時々行ってあげるとよさそうですね

 

とてもとても、大切なことですよ!!

 

 

感謝の意を込めまして  神山眞