国立小受験 ペーパー学習 訂正方法に関する緊急提案

近所の花

国立小受験 ペーパー学習 緊急提案

志望校の訂正方法は、今、お子さまが行っている訂正方法と一致していますか?

 

志望校のペーパーにおける訂正方法を、自然に身に着けさせる。

これだけは、今、この時期だからこそやっておかなければなりません。

 

過去問を見れば、各学校の訂正方法が掲載されているはずです。

そのやり方に、今すぐ、慣れさせてください。

 

ほとんどのお子さまが、通っている教室の訂正方法に慣れすぎています。

そのままの状態で、本番に挑んではいけません。

 

「間違えた時は、大きめのバツで直してくださいね」と試験官が言った瞬間に、「えっ!!大きめのバツなの?! えーっ!! ななめ二重線じゃないの?!」となった瞬間に、子どもたちは、ちょっとしたパニックに陥ります。

 

ここだけの話ですが、国立小学校のペーパー試験において、実は、本番で訂正するような状況には、ほとんどなりません。

直す時間がないほど、テンポが速いからです。

 

しかし、子どもは、いつもと違う場面に遭遇すると、異常なまでに動揺してしまうことがあります。

なので、ぜひとも、今日、この瞬間から、志望校の訂正方法を調べて、そのやり方に慣れるようにしてください。

 

本番は、緊張します。

「あー、いつもと同じだ」や「あー、これやったことある」が、一つでも多いと落ち着くことができます。

 

志望校の訂正方法は、今、お子さまが行っている訂正方法と一致していますか?

ここ、とても大切です。

 

凄いですね。道を歩いていると鈴虫の大合唱が聞こえてきます   神山眞