「姿勢を整える」を、受験のテクニックとして教えないほうが良いわけ

 

年少・年中のお子様をお持ちのお父さまお母さまが、今、この時期にやっておくべきこと PART3

 

能力開発もいい
人よりも秀でることも素晴らしい
誰より早いことも素敵

 

でも、年少さん、年中さんの時期には

 

優しい気持ち
優しい行為
優しい言葉

に大いなる価値を見出してあげてほしいです

 

姿勢を正しくする
返事をしっかりとする
挨拶を気持ちよくする
相手の話を目を見て聞く

これらは、お受験生活をしていると、
「合格のための方策」の数々と捉えられてしまうことがあります。

 

なので、ご家庭においても、形だけ整えるような気持で指導してしまうことがあります。

 

ですが、「姿勢」も「返事」も「挨拶」も「人の話を聞く」も
実は、全部、本来は、「やさしさ」なのです

 

相手の人が
周りの人が
気持ちよく過ごせるための、「やさしさの数々」がそれらであったりします

 

相手の話を聞くのは、決してテストに合格するためではありません
相手に対する、「礼儀」や「敬意」、「優しさ」だったりするのです

 

ということは、
行うことすべてに、やさしさという意味付けをしながら
子育てをしてみても、いいかもしれませんね
しつけを行ってみても、いいかもしれませんね

 

そうすれば、
相手の気持ちを汲みながら
姿勢を整え
お返事をハキハキとする
そんな素敵なお子さまになっていくかもしれません!

 

相手に喜んでもらうのがうれしくて
気持ちの良い挨拶をし、
人の話をまっすぐに聞く
そんな素敵な大人へと成長していくかもしれませんね!

 

よかったら、お試しください

 

 

年少さん、年中さんのお子さまをお持ちのお父さま、お母さまに、ピッタリな勉強会
それが、「大人の神山塾」

 

次回、10月29日(月)開催

 

「大人の神山塾」

時間:10時~12時
場所:東京(八重洲)

詳細は、ブログにて報告

 

 

感謝の意を込めまして 神山眞